ハンドヒューンログハウスのキット搬入



最近はカントリーログハウスをはじめとした、マシンカットの需要が大きく、
ハンドヒューンログハウスは本当に珍しくなりました。

とってもダイナミックな造りのログハウスですから、
荷卸しだけでも見応えがあります。

そんなハンドヒューンログハウスのキットが、久しぶりに山形へ届きました。


40Ftオープントップコンテナ.JPG
 40Ftオープントップコンテナ



大量のログ材をラフター(クレーン)で吊って下します。.JPG
 大量のログ材をラフター(クレーン)で吊って下します。



ログシェル(躯体)は
40Ftのオープントップコンテナ2台に満載で到着しました。

以前に比べて、テーパーが少なく太い丸太や、
このコンテナの手配が難しくなってきたそうで、
簡単には出会うことができなくなってしまったハンドヒューンログハウス。


ご注文をいただいてから6ヶ月、カナダのログヤードから出発し、
太平洋を横断しての長旅を経て到着したログ材。
近くにいるだけでワクワクします。


木の強い香りが、これからくみ上げられるログハウスを想像させてくれます。





 これでコンテナ半分


 下したログ材を並べます。




これだからログハウス好きはやめられないのですよね~
完成するのがとっても楽しみです。


PAGE TOP